> > 「セミナー」のニュース一覧

Newsニュース

「セミナー」のニュース一覧

「ECのミカタ セミナーフェア」に登壇いたしました

ECのミカタ株式会社様の主催する「ECのミカタ セミナーフェア」(2016年10月18日(火)) に、弊社シニアコンサルタントの村石が登壇させていただきました。

パルコのオムニチャネル戦略と顧客接点の拡大について』 をテーマに、具体事例を交えながら約45分、お話をさせていただき、おかげさまで終始大盛況となりましたことをご報告いたします。

ECnoMIKATA_161018.jpg

※執筆、講演・セミナーなどのご依頼は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

「CEATEC JAPAN 2016」内のパネルディスカッションに参加いたしました

「CEATEC JAPAN実施協議会」が開催する『CEATEC JAPAN 2016』内で開催されたパネルディスカッションに、弊社WEBコンサルティング2部 部長の唐笠がパネラーとして参加いたしました。

オムニチャネル× FashionTech】をテーマに、「カエルパルコ」などの事例を交えながらお話をさせていただきました。

CEATEC_karakasa_161006.jpg

※執筆、講演・セミナーなどのご依頼は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

「ネット&スマートフォン・コマース2016」 に登壇いたしました。

株式会社ナノオプト・メディア様の主催する 「ネット&スマートフォン・コマース2016」(2016年9月16日(金)) に、弊社シニアコンサルタントの村石が登壇させていただきました。

『パルコのオムニチャネル戦略と店頭のデジタル&IoT 活用』 をテーマに、具体事例を交えながら約40分、お話をさせていただき、おかげさまで終始大盛況となりましたことをご報告いたします。

seminar_160916.jpg

※執筆、講演・セミナーなどのご依頼は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

「Web活用で接客が進化する ショップブログ・SNS スキルアップセミナー基礎編」を開催いたしました。

パルコ・シティ×アパレルウェブ共同の【ショップブログ・SNS スキルアップセミナー】を 東京に引き続き【大阪】にて開催し、満員御礼・大盛況となりましたことをご報告いたします。

「『Web接客』は、スマホ全盛の今、必須なスキルだと思い、参加した」 というような、積極的なご担当者様に多くお越しいただき、「『ブログを書く意味』をよく理解できた」 「ワークを通じて、楽しく学ぶことができた」 「SNS比較などの情報が整理されており分かり易かった」 など、内容について満足のお声を多数いただきました。

また、「各ショップに共有したい情報が満載で、さっそく社内で勉強会を開催したい」 という大変嬉しい反応も頂戴しました。

パルコ・シティでは引き続き、Web接客スキル向上に役立つ講習会・セミナーを開催してまいります。

IMG_0798(光嶋加工).JPG

7月20日(水) Web活用で接客が進化するショップブログ・SNS スキルアップセミナー (大阪開催)のご案内

今年3月に東京にて開催し、好評を博しました、パルコ・シティ×アパレルウェブ共同のショップブログ・SNS スキルアップセミナーを大阪で開催いたします。

ショッピングセンターPARCOをはじめ、全国の商業施設でショップブログ活用をサポートする「パルコ・シティ」と、ファッションブランドを中心に10,000店舗以上のショップブログ活用をサポートする「アパレルウェブ」のノウハウを持ち寄り、Web活用研修の必要性や、店頭のWebリテラシーの引き上げ方を、直に体験していただけるプログラムです。

ぜひご参加ください!

セミナー詳細はこちら

6月21日(火) IoT放談「IoTでなんかやろう」にパネリストとして参加します

弊社Webコンサルティング1部部長 岡田が、6月21(火)に開催されるオンデマンドセミナー『IoT放談「IoTでなんかやろう」~IoTに挑戦してみてわかったこと~』にパネリストとして登壇いたします。

日 時: 2016年6月21日(火)17:00~18:00 予定
会 場: オンデマンドセミナー

セミナーの詳細はこちら

ブログ講習会『オープンセミナー』を開催、満員御礼!

弊社の「ブログ講習会」に対する多くの熱いご要望にお応えして、今回、新たな試みとして、オープンセミナーを開催いたしました。有料(お1人様5,000円)形式ではございましたが、実際に当社がSC/専門店の皆様向けにおこなっているブログ講習会が体験できる、ということもあって、満員御礼・大盛況となりました。

お客様の消費行動変化を学ぶことで、Web上の情報発信の意義を理解いただくとともに、ブログ投稿のコツをワークショップ形式で体得いただくプログラムです。特に「現場の接客スキルをもう一段向上させたい」とお考えの本部御担当者の方にお勧めです。

オープンセミナーは今後も随時開催する予定です。

image06.jpg

image07.jpg

日経BPクリーンテック研究所主催「まちづくりとIoTセミナー」にて、講演をおこないました。

7月29日(水)に丸の内で開催された「まちづくりとIoTセミナー」で、弊社営業推進部部長の田中が、『Beaconを活用した人流解析(じんりゅうかいせき)から見えてきた、ロケーションマーケティングの可能性および まちづくりへの活用アイディア』というテーマで講演をおこないました。
今回の講演では、人流解析®の仕組み、高い評価を得た名古屋パルコでの実証実験結果に加え、今後Beaconが社会にもたらすであろう価値と、そこに活用されるべき"ロケーションマーケティング"の考え方について、お話をさせていただきました。

150806_01.jpg

一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会主催 「Eコマース最先端セミナー」にて講演いたしました。

弊社の代表取締役社長・川瀬が、一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会主催 「Eコマース最先端セミナー」にて講演いたしました。下記、概略を掲載いたします。

2015年4月24日(金) @ソニーペイメントサービス株式会社
【PARCOのICT活用 ~店頭の力を引き出すオムニチャネル~】

ショッピングセンターが取り組むオムニチャネル

ネット通販(EC)に必要な3つの仕組み(商品や在庫のデータベース、販売ノウハウ、倉庫・物流)を持っていないショッピングセンター企業が、オムニチャネル化する生活者とどう向き合い、何をすべきか。について、具体例を交えて紹介し、今後の方向性を示唆した。

- 以下、講演概略 -

EC化率は既に3.7%にまで高まり、2020年度には20兆円を超えると予測されている。流通の最大手企業や大手百貨店は、グループの組織再編などを含めた「オムニチャネル体制の構築」に本腰を入れ始めている。一方で、年間売上高30兆円を超えるショッピングセンター業界は、前述の「3つの仕組み」が無い中で、いかにオムニチャネル体制を構築すべきかが課題である。

当社では、まず「インフラ整備」と「魅力的なコンテンツ充実」の2つに取り組むべきだと考え、実践してきた。「インフラ」とは、デジタルサイネージ、Wi-Fi、アプリなどであり、当社は全国のショッピングセンターに、最適かつ低コストでICT活用の支援をしている。

そして「魅力的なコンテンツ充実」こそが最重要テーマである。PARCOでコンテンツの充実を実現しているのは、テナント(販売スタッフ)の情報発信力を最大化しているからである。そのためにはまず「ショップブログ」の仕組みを構築し、頻繁かつ丁寧に「ブログ講習会」を開催するなど継続的な取組みが成果に結び付くことを具体例をあげながら重点的に解説した。

コンテンツの充実、生活者接点の増加ができたうえで、ショッピングセンターのオムニチャネル施策として「カエルブログ®」が有効になる。「カエルブログ®」の優れた機能と成果を紹介した。

最後に、ショッピングセンターは「充実した買い物時間」「ワクワクする買い物体験」などの感情価値をお客様に提供できる点が、ピュアなEコマース事業者に比べて優位性がある。今後はEコマース事業者とリアル商業がどう協業するかで、お客様が感じる魅力に大きな差がついてくる。として、今後の方向性を示唆した。

150430_01.jpg本件に関するお問い合わせ

公益社団法人 日本印刷技術協会様主催イベント 【page2015】にて基調講演いたしました。

2015年2月5日(木)10:00~ @池袋サンシャインシティ
基調講演2【インバウンドビジネスと印刷会社の課題】
川瀬賢二(株式会社パルコ・シティ 代表取締役社長)

商業施設におけるインバウンド課題と具体的対応事例

2014年の訪日外国人数は1,300万人を超え日本国内でのインバウンド消費は2兆円を上回り、今後この傾向はさらに強まると予測されている。そこで、商業施設の事例を参照しながら、印刷業界として取り組むべきインバウンド・テーマを示唆した。

大きなテーマは「認知・集客」と「接客・購買」のふたつである。
「認知・集客」テーマのカギは、魅力的なコンテンツが充実しているかどうかである。
「接客・購買」テーマは、1.通貨・免税、2.通信環境(Wi-Fi)、3.言語、4.宗教・生活習慣の4つである。

この基調講演では、特に「接客・購買」テーマに的を絞って、商業施設が実践している具体的対応事例を紹介した。

最後のまとめとして、
インバウンド需要の高まりは、これまで国際化を意識が希薄だった「地域社会・地場産業」にとって、地域(ローカル)に根付いている強みを維持したうえで国際化を図っていくという事業課題である。

印刷業界の使命がコミュニケーションの創出であることを踏まえ、印刷業界の各社が豊かな経営資源を活用して地域社会や地場産業の国際化を支援していくことに期待している。

150220_01.jpg